少林寺流錬心舘空手道の型「正流七法」

最終更新: 2020年8月10日













少林寺流空手道錬心舘の「型」について、

全部で七つの型があります。

・南光(アーナンクー)

・汪輯(ワンシュー)

・半月(セイサン)

・鎮東(チントー)

・五十四歩(ゴジュウシホ)

・抜塞(バッサイ)

・公相君(クーシャンクー)

以上を「正流七法」と言います。これら以外にも、引き継がれてきた型もありますが、いま現在の門下生は「正流七法」を学んでいます。

HPの歌で、「未来」があります。その歌詞の中に次の言葉があります。

「正流七法極めるまでは、何度転んでも諦めはしない。」

子どもたちには、是非、これに挑戦して欲しいです。


210回の閲覧0件のコメント